海外生活ブログ村に登録してみました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村

日本はお盆の時期ですね。
今の時期、駐在の日本人も少ないらしく日本人向けのお店は閑古鳥が鳴いているそうです。


また話は変わりますが、薬を貰ったりする関係で、時折病院に通っていたりするのですが、
この間検査のために採血・採尿してその結果を待っていたところ

保『なんか検査結果が出るのが遅いですね…』
俺「混んでると1時間ぐらい掛かるそうだし、なんかの理由で遅れてるんじゃないですか?」
保『そんな感じじゃなかったと思うんですが…ちょっと聞いてきます。』

で、戻ってきた保険屋さん曰く

保『…○○さんの小便が紛失したそうです。』
俺「…は?紛失?」
保『…すいません、もう一度採ってもらっていいですか?』
俺「ああ、ええ。俺の小便ぐらい幾らでも構いませんよ。しかし紛失って…w」

と笑っていたんですが、ここで保険屋さんの怒りのゲージが溜まったらしく。

保『笑い事じゃないですよ!…この病院は本当にありえませんよ!わざわざ私が持って行ったのに!』
俺「うおっ…まあまあ、そんなに怒らないでくださいよ。小便ぐらいで…」
保『こんなの駄目ですよ。これだから中国の病院は…クレーム入れてやる!』

ということがありました。
中国の病院では、正常な手続きの最中にも検査結果が出ない場合があるようです。

まあ今回は小便ぐらいで良かったですが、なんか大事な結果とかが無くなったらと思うと恐ろしいですね。すごく痛い検査の結果が無くなりました!とかだったら目も当てられない。


…とまあ、例によって前置きが長くなりましたが、
今日は日々こまごまと工夫が必要な、ボッタクリとの戦いについて触れたいと思います。

私見ですが、大連でのメジャーなボッタクリスポットと言えば
 1にタクシー、2に値札のついてない売り物、3に労働公園の花売り少年少女
な気がします。

1についてですが、この間タクシーに乗ったところ

運『○○路から行っていい?』
俺「(え?なんで遠回りするんだ?なんか用事でもあるのか?) ああ、いいよ。」

…特に何事もなく、普通に遠回りされて多めに請求が来ました。

俺「おい運ちゃん、高けえよ!遠い道だし!」
運『お前OKって言ったろ』

というようなことがありました。完敗ですね。
どうもヘンに配慮しても損するだけのようです。

これがあって以降タクシーでは「○○へ。○○路を使って。」と伝えるようにしました。
こういうと大体『我知道了』とか言ってくるので、客が道を知ってることをアピールできます。

2については、1店だけに限定して買い物しないことが必要です。

個人的経験では、市場で果物売りをしている爺さん婆さんは、計量器を使って値段を出すんですが、こちらが細かい金額を配慮しないことを見抜いてか、時折吹っかけてきます。

先に1斤いくらか聞く方がベターかもしれません。

肝心なのは「他に同じものがどこにでも売っている」ということです。
時間さえあるのなら、他の店舗に行って真っ当に商売している人から買った方が気分もいいってもんです。

最後に、3の花売り少年少女ですが。

散歩中、声を掛けてきたので無視していたら、足にしがみついて来たことがあったんですが、子供のスリもいると聞いていたのですぐさま財布と携帯をガードして、そのまま歩き続けてやりました。
階段に引っ掛けて無理やり剥がしてそのままスルーしました。

この少年少女の売り子は結構有名で、やはり背後には黒い人がいるそうです。
現地の人曰く『彼らにお金をあげないで!』と事前に聞いていました。

情にほだされて金を渡しても、結局取り上げられてしまうため、彼らは何も得られないそうですから、非情になるのも必要なんですね。