中国大連生活

中国・大連に駐在することになった30代独身男性のブログです。 せっかくなのでブログを始めてみました。 長く続くかどうかわかりませんが、時間はあるので暇なときにでも更新します。

2012年07月

海外生活ブログ村に登録してみました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村

今日は洗欲についてです。

昨日の日記の最後でも言いましたが、わかりやすく言うとスーパー銭湯です。
違うのは風俗がついていることです。

まず、入り口で鍵とタオルを貰って入場します。
高級店なんかだと、「歓迎光臨~」という挨拶をしてくれることもあります。

中にはオートロックのロッカーがあり、服を脱ごうとするとお店の人が脱ぐのを手伝ってくれます。
俺はいまだに脱衣を手伝ってもらうのには違和感がありますが、中国風のおもてなしなのでしょう。

たまに店員がニヤニヤしながら「アンタまた来たのかい?好きだねー」的な事を言って来たりします。
※注意 俺はまだ言葉がわかりません。ただそんな気がするだけです。
「いやいや俺は風呂に入りたいんですよ。」と言いたいところですがまだ反論することすらできません。
彼の誤解を解くのは後日のことにしましょう。冷静に考えればその必要がなくなる可能性が高いですし。

首尾よく裸になると、次にシャワーを浴びる場所があります。ここで汗を流すことができます。
一汗流したところで、その奥に進むと風呂ゾーンです。
サウナもあってじっくり汗を流すことができます。また、ここに担当の人が居て垢すりができます。

これは事前に想像がついていたことですが、お湯はあまりキレイじゃないです。
日本人にはツライ現実ですが、垢が結構浮いています。

実はここで、精神に深刻にダメージを受けた思い出があるのですが、
中国および中国人の名誉にも重大にかかわる話なので、記載するのは控えておきます。
※どうしても聞きたいという奇特な人は、メールか何かで連絡ください。

(少なくとも形式上は)さっぱりしたところで、休憩所に行きます。
日本のスーパー銭湯では畳敷きだったりしますが、中国ではリクライニングシートです。
座席にTVがついており、ビールなんかも頼むことができます。
日中で大きく異なるのが、部屋がかなり暗いことと、エロい女性がワラワラいることです。

適当に席を決めてくつろいでいると、胸元が空いたスカートの短いお姉さんが近づいてきます。
ここで足や肩などのマッサージを受けることが出来ます。店によっては耳掻きなどもやってもらえるようです。
高級店(と言っても入浴だけなら高くても600円ぐらいのようですが)であれば、
おそらく指導されているんでしょうが、マッサージもかなり上手なようです。

30分~1時間程揉んでもらうと、別室に行ってマッサージしないかというお誘いがあります。エロいですね。
俺はなぜか中国に来て以来、さほど性欲が沸かずにいるためまだ行っていないのですが、
どうやらこの話に乗ると、さらに全身マッサージがあって…という流れのようです。

この休憩所で不思議なのは、女性やカップル、さらには子供なども(数は少ないですが)普通に一緒に入ってくることです。
また、女性専用というわけではなさそうですが男性のマッサージ師も見かけました。

値段が安いのと娯楽が少ないこともあって、割とメジャーなリラクゼーションのようです。
風呂とマッサージだけなら1500円もあれば過ごせるので、俺もたまに利用しています。

中国の暮らしと文化を知るための40章 エリア・スタディーズ
中国の暮らしと文化を知るための40章 エリア・スタディーズ
クチコミを見る
中国=文化と思想 (講談社学術文庫)
中国=文化と思想 (講談社学術文庫)
クチコミを見る
チャイニーズアドベンチャー―DVDで学ぶ中国文化
クチコミを見る

海外生活ブログ村に登録してみました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村

今日は風呂・サウナに出かけていてこんな時間になってしまいました。
既に眠気でふらふらなので、まとまりのない文章になってるかもしれません。あしからず。 

さて、中国語の勉強だったりいろいろやっている訳ですが、
いまだに全く言葉が聞き取れません。

「”#%$&”$%#”$”%マ?」 (最後のマ?という疑問系のみわかる)
「何言ってんだかさっぱりワカラン」

という感じです。
なんとか金額は聞き取れる感じなんですが、
これは個人的に俺が麻雀好きだったこともあったためと思われます。
いつかはちゃんと会話できるんでしょうか。

ところで、件の話です。

よく中国人の食事は汚いなどという話を聞きますが、
実際一緒に食事をすると咀嚼音を気にしないことや、皿を手で持って食べる習慣がないためか、
やはり「小汚くて育ちが悪い食い方だ」などという印象を抱きがちです。当初俺もそうでした。
特にクチャラー、これは日本人には駄目な人が多いですよね。
確かに日本に居たときは、若干の殺意すら芽生える最低のマナーだと思っていました。

ただ、中華料理屋でいろいろ聞いたところやはり「食べ物はよりおいしくなるように、また美味いものであればあるほど夢中で食べるべきで、それが作ってくれた人やモノへの礼儀」 ということのようです。
また中国の店側もそういう風に食べてくれた方が喜ぶようですね。

成る程一理あると思い、またそう思うようになってから、こちらの印象も大分和らいで着ました。
ちょっと言い方を代えれば、「食事を全力で愉しもう!」というスタイルなわけですからね。
別段たいした美味でなくてもその食い方をしてしまうわけなんでしょうが、それを突っ込むのもまぁ無粋というものです。

俺はおフランス料理店とかに行くと逆にマナーが気になって非常に落ち着かない性質なので、
逆に中国側のこの一風変わったマナーに好感を持つようになりました。
そう、思い起こせば、ドラゴンボールのサイヤ人達は正に中国人達の食事方法です。
あれも汚い食い方ですが、むしろ食後の姿にはある種の爽快感すらあるわけです。
漫画やアニメだから、むしろ中国風食事の理想系なのかもしれませんね。

一応の理屈もあり、また文化的な一面と思えばそうコケにすることもない。
明鏡止水の精神というか、心頭滅却すれば何とやらという話しです。

今度は洗欲という、日本でいうスーパー銭湯+風俗みたいなところについて書いてみるかもしれません。
 
中国料理のマナーマニュアル
クチコミを見る
中国紳士(中国語)
クチコミを見る
イラスト解説 和食・洋食・中国料理のよくわかるテーブルマナーBOOK
イラスト解説 和食・洋食・中国料理のよくわかるテーブルマナーBOOK
クチコミを見る

にほんブログ村 海外生活ブログ 大連情報へ
にほんブログ村
30代の独身男性です。縁あって中国大連へ駐在することになりました。

駐在開始後、3週間目で漸く生活も安定してきたようなので、
今までブログなんぞ書いたことはありませんが、これから書いてみようと思います。
今回は真面目な口調で書いていますが、気分によってはふざけた文章になるかもしれません。

生活基盤は中国の大連になります。始めるキッカケとしては
・せっかくの海外生活の思い出のヨスガに
・仕事関連の知識のため(アクセス解析・アフィリエイトなど)
・中国は(基本残業なし文化なので)暇がありそうだから
…という感じです。

まずは、中国の雑多な印象です。
※あくまで大連限定の話かもしれません。悪しからず。

【信号が少ない・道路横断は命がけ】
自宅の目の前の道路は6車線ありますが、信号は無いに等しいです。
左右を良く確認して、自己責任で横断するしかありません。
近隣住民が道路を横断する様は、まるで車にぶつかりに行っているようです。
ただ、車側も人が居ることがわかるとホーンを鳴らして警告して減速してくれることが多いです。

なお、車に乗っている中国人は想像した以上に信号は守ってます。これは意外でした。
その代償としてか、ウインカーはあまり出しません。
よって運転手のハンドル捌きや車の挙動の目視が必要です。
また、車の進行方向自体も日本とは逆です。慣れないうちは左右の安全確認が必須ですね。

私的には横断時に手を上げて目立つようにして、車に減速するように促した上で
「俺はこれから横断する、お前にはそれがわかってるな?」というオーラをかもし出すと良いようです。

【料理のニンニク混入率】
火鍋、炒め物、麺など満遍なく食べましたが、80%強でニンニクが入ってます。
日本では敬遠されるレベルに思われるのですが、
昼夜問わず皆も同じようなものを食ってるので気にしなくて良いそうです。
なお、ニンニクを避けられてもパクチーが30%程度確率で伏兵として配置されています。

【辛いものや油の量】
北京五輪からかなり有名になったみたいですが、日本語で言う「頑張れ!」は「加油!」になるそうです。
料理に入る量についても、もはや説明するまでもない量です。
辛いものは漢字でなんとか回避しようとしても、4皿頼むと2皿は辛めに仕上がっています。

私は好き嫌いがない割に胃腸は弱く、上述したような食料にはかなり危険を感じており、
一度青唐辛子の炒め物っぽいものを食べて具合まで悪くなったんですが、
その後は不思議なことに全体的に調子が良くなりました。 ショック療法でしょうか。 
しかし一般的に、繊細な胃を持つ日本人にはかなりキツイ環境ではありそうです。

【超市に売っているモノについて】
超市とは、日本で言うスーパーやコンビニといった意味のようです。
基本的にはモノを売っているのですが、それが食料であるかどうかは確認が必要になるそうです。
これは先任の先輩より、警告アドバイスしていただきました。

【中国人女性について】
日本人と比較して背が高く、胸も大きい人が多い気がします。
日焼けを悪徳とし、色白を美徳としているそうで日傘などさしている人も割りと居ます。

ホットパンツ率が高く、また薄着で下着が見えても気にしない人が多いため、
ちょっと目のやり場に困ります。

とりあえず初日はこんなところで。
 
今、あなたが中国行きを命じられたら 改訂版―失敗事例から学ぶ中国ビジネス
今、あなたが中国行きを命じられたら 改訂版―失敗事例から学ぶ中国ビジネス
クチコミを見る
そうだったのか! 中国 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
そうだったのか! 中国 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
クチコミを見る
潜入ルポ 中国の女
潜入ルポ 中国の女
クチコミを見る


このページのトップヘ